糖尿病の食事療法

いつまでも健康を維持したい!と思っている人は多く、元気で長生きをモットーに生きたいと思うものです。
しかし生きていく上で病気になってしまう事もあると思いますし、日本人は遺伝的にインスリンの分泌も少ない事から糖尿病に悩まされている人も多いようです。
では、糖尿病になってしまった際の気を付けるべき点や、食事療法についてを調べていきましょう。

【高くなっていませんか?あなたの血糖値】

私たちが生きていく上で、栄養を摂取するとはとても大切な事で、その1つの栄養素として炭水化物があります。
そこに含まれる糖質は体内で分解される事で大きなエネルギーを作り出し私たちに力を与えてくれていると考えられているのです。
食事をすると炭水化物も勿論摂取されそして血糖値は上がります。
そして運動などをする事で糖質であるブドウ糖は分解されエネルギーとして消費され血糖値は低くなるという働きになっているのです。
健康な人であれば、食べればそれが消費され、ホルモンのバランスも一定ですので血糖値は多少の変動はありながらも一定の範囲内で固定されているものです。
しかしインスリンの働きが下がってしまうと体内に入ったブドウ糖は分解されず、それは有効に使われていない!という事になってしまいます。
そうなると血糖値はどんどん上がってしまい一定の範囲内を超える事になり、糖尿病となってしまうのです。

【どうして糖尿病になってしまうの?】

htsrhs
糖尿病になってしまうのは高齢者だけではなく、若い人や子供でも起こってしまう病気であります。
日本人は遺伝の関係によりインスリンの分泌の働きが弱いと言われているので、糖尿病にはかかりやすいというデータもあります。
また、糖尿病は生活習慣病とも言われており、その人の遺伝的な体質にプラスして過食であったり、高脂肪の食事を多く摂っていたり、運動不足、肥満、ストレスなどが加わってしまうとかかりやすくなるのです。
年齢と共にインスリンの働きが弱くなってきて、糖尿病にかかってしまうという事もあるので、私たちと糖尿病は意外にも隣り合わせであるという事なのです。
また女性で多いのは妊娠中に糖尿病にかかってしまうという事です。
妊娠中の体はとても敏感な上にホルモンのバランスも偏ってしまいがちです。
そんな中で妊娠の時に胎盤が作り出すホルモンがインスリンの働きを抑制させてしまうということもあるので、妊娠糖尿病にかかる恐れはあります。
では、そんな糖尿病を改善していく為の食事療法を紹介していきたいと思います。

【食事療法は糖尿病には効果があるの?】

rgegra
食べるという事は生きていく上で最も大切な行為になります。
そして健康な食事を取ってこそ健康な体を作りあげるとも言われるくらい食べるものと健康の関係は密接なものなのです。
だからこそ糖尿病になる前から健康な食事を摂る事で予防にもなりますが、かかってしまった後からでも勿論始める事は出来ます。
最も大切なのは、自身のエネルギー摂取量を把握しておくという事です。
他では栄養素のバランス、そして毎日何を食べたのか?という表を作ってバランスを考えた食生活を取るようにする事です。
炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを考えた食事を取るように工夫をしていくのです。
食事療法の注意点としては、規則正しい時間で食事を取る事や、ゆっくりよく噛む事、食品の種類は多く摂る事を意識したり、脂質と塩分は控える事などです。

【糖尿病をかかえている人達へ!】

糖尿病にかかってしまったからと言って、気持ちを落とさず、前向きに取り組む姿勢がとても大切です。
改善する1つの方法として食事療法があるので、ぜひ取り組、規則正しい生活をする事をおすすめします。

【参考サイト】

■糖尿病の数値を下げる基礎知識 | 糖尿病を克服した男の告白「http://tou10.com/」
糖尿病とは一体どんな病気?様々な症状や予防方法・原因について詳しく紹介されています。ぜひこちらのサイトをご参考ください。